What?!

終活って?!

終活って必要?

「終活って、やった方がいいの?」と聞かれれば「やった方がいいと思いますよ。
ご家族のためにも、そして何よりあなたのために!」と、そうお答えしています。
 

家族に迷惑をかけたくない、と思う気持ち

例えばあなたが病気や介護が必要になった時、ご家族はあらゆる場面で選択を迫られます。
あなたが意思をちゃんと伝えられるのであれば問題はありませんが、もしそうでなければ“この選択で間違いなかったのだろうか?”と悩み、悔いが残ることもあります。
 
あなたに「もしもの時」が訪れた場合、ご家族は限られた時間の中でいろいろなことを決めなければなりません。そんな時「本人の希望」があれば、家族は迷うことなく心穏やかに見送ることができます。
 
その後の相続やお墓も同じです。
「家族がいつまでも仲良く暮らしてほしい」「家族に迷惑をかけたくない」と願っているのであれば『終活=あなたの意思や希望』を残しませんか?!
 
 

何より大切なことは『思いを伝え残すこと』

単に“終焉”の準備をすることだけが「終活」ではありません。
なぜあなたが「そう決めたのか、そうしたいのか」という思いを、ご家族にちゃんと伝え残すことが何より大切なことなのです。
思いを伝え残すことで、家族はあなたのことをいつまでも思い続けることが出来るのです。
 
思いとは、これまでの人生を振り返り、これから生きていく人生を考えてみることで見えてきます。
その時間こそが本当の「終活」。
 

「自分らしく、生きて逝く」

そんな終活をご一緒に、考えてみませんか。